dps ワイラー112RP

試乗サイズ184cm、センター幅112mm、R15.0m。 モイスト寄りなドライな乗り味で、パリパリ感やカラカラ感はほぼない。 ロッカーの始まりが早いロングノーズなのが、ソールの方が良く分かる。 接雪長が短めで、きついサイドカーブなんですけど、整地がいまひとつでした。 まぁ、センター110オーバーの太さですか…
コメント:0

続きを読むread more

dps パゴダ90

試乗サイズ184cm、センター幅90mm、R15.0m。 カーボン芯材の特徴的なパリパリとしたドライな乗り味。 ソールよりもロッカー度合いが良く分かる。 サイズよりも接雪長が短いdps。 操作性はかなり高いです。 登り目的のツアーモデルのような軽さが魅力ですが、重い悪雪には負けてしまう印象。 整地のターン…
コメント:0

続きを読むread more

ファクション CT1.0

試乗サイズ178cm、センター幅92mm、R18.0m。 カラカラしない中身の詰まったモイスト芯材の乗り味。 おっ、おぉ~ スイスで企画・設計されて、ヨーロッパで製造していると書いてある。 プロディジーよりもCTの方が、かなり好みの乗り味だけど、日本のどんなシチュエーションを想定しているのか? 試乗コンディ…
コメント:3

続きを読むread more

ファクション プロディジー1.0

試乗サイズ176cm、センター幅90mm、R不明。 軽快なドライな乗り味。 意外とシック。 板が振り回しやすい性格なので、パラレル滑走が安定しないスキーヤーでも扱えると思いました。 トリックに関しては分かりませんが、仕掛けやすいんじゃないかと思える操作性。 でも、ツリーラン的振り回しやすさはあんまり感じず……
コメント:0

続きを読むread more