エラン SCX フュージョン X

試乗サイズ168cm、センター幅67mm、R15.1m。 競技系統を感じるウェットな乗り味。 エランのロゴはエランカラー。 R15mの中大回りシェイプで、スピードにも十分強いですね。まぁ、競技モデルですからね。 SLX同様、レスポンスが面白い。他ブランドにはない穏やかな疾走感。 ブランドの味がありますね…
コメント:0

続きを読むread more

エラン SLX フュージョン X

試乗サイズ165cm、センター幅68mm、R12.8m。 レーシングモデルっぽいウェットな乗り味。 黒いレーシングソール。 持つと重いですが、軽快な操作性。競技モデルとしては普通の重さとも言えると思います。 他の競技モデルや基礎モデルとの違いは、レスポンス。 なんとも言えない穏やかな返りがあって、リズムメイ…
コメント:0

続きを読むread more

K2 ディスラプション STi

試乗サイズ165cm、センター幅72mm、R13.6m。 軽快ドライな乗り味。 過激じゃない普通のソール。 ファーストインプレッションは、軽くてラク。 整地だけではなく、荒れた雪面でもスルスルと滑れる。 曖昧なエッジグリップとも言えるけど、不安になることはなく、K2っぽい巧さと感じた。 破壊という過激…
コメント:0

続きを読むread more

ライン ブレイドW

試乗サイズ167cm、センター幅92mm、R不明。 骨のような形状のメタル挿入で、ウェット寄りのモイストな乗り味。 レディースはロゴがグレー、メンズは赤くなるらしい。 来季からの新モデル。メンズモデルはセンター幅95mmとのこと。 「刃」という名のモデル。当然、整地でのカービングが得意。 キャンバーとロッカ…
コメント:2

続きを読むread more

フィッシャー レンジャー102FR

試乗サイズ177cm、センター幅102mm、R18.0m。 軽快なモイストな乗り味。 ブルーなんですね。 FRシリーズの94と102で適用幅が異なり、102はパウダー寄り。 悪雪での突破力も94より向上する。 センター100オーバーとしては整地は得意だと思う。 ただ、94より劣る、当たり前ですが。 …
コメント:0

続きを読むread more

フィッシャー レンジャー94FR

試乗サイズ177cm、センター幅92mm、R17.0m。 カラカラしていないモイストな乗り味。 黄色じゃなくてオレンジ。 フィッシャーのフリーライドってイメージがないけど、試乗してみるととっても調子がいい。 滑走性抜群、整地での小回りも大回りも気持ちいい。悪雪はいなしと突破力の合わせ技な感じで、パウダーでの浮…
コメント:0

続きを読むread more

エラン リップスティック96

試乗サイズ176cm、センター幅96mm、R16.2m。 カラカラ感のあるドライな乗り味。 個人的には好みじゃない乗り味なんだけど、深雪の中での操作性が吐出して抜群にいい。 エランカラーがソールにも。 試乗の際に実際にツリーランができて、アンフィビオ形状の恩恵を初めて感じた。 軽量で軽快なモデルは他にもある…
コメント:0

続きを読むread more

ヘッド コア93

試乗サイズ180cm、センター幅93mm、R16.4m。 ドライ寄りなモイストな乗り味。 テールに色が入っていますね。 かなり高度な次元で絶妙なバランスを保っている万能モデル。 整地での速度域も高くターンがいい、重い悪雪でも疲れにくい、パウダーの浮力も、ツリーランでの振り回しやすさもある。 93の太さ限定の…
コメント:0

続きを読むread more

ブラッククロウズ カモックス フリーバード

試乗サイズ178cm、センター幅96mm、R17.0m。 とても軽快でドライな軽量芯材。 おぉ、ピンクぅ~ フランスのガイドやパトロールが想定ユーザーで、かなりしっかりどっしりとしたモデルが多いブラッククロウズ。 こんなに軽快で振り回しやすいモデルがあるんですね。 でも、やっぱりハリは強めでした。その分、非…
コメント:0

続きを読むread more

フォルクル ブレイズ94

試乗サイズ174cm、センター幅94mm、R不明。 フォルクルっぽい軽快でドライな乗り味。 フリーライドでも滑走性の良さそうなソール。 軽量で軽快に振り回しやすい。 条件のいいパウダーや、整地でのターンは気持ちいい。 整地に強いモデルと言っていいと思う。 軽さの裏返しで、少し重めの悪雪や、トラック入っ…
コメント:0

続きを読むread more

2020-2021スキー試乗受注会 @ ASAMA2000

アルペングループ主催の試乗会と受注会。 いい天気で、レーシングバーンのような固く締まったコンディションで、板の特性は良く分かりました。 朝一の競技モデルの試乗は最高ですね、二割り増しの好印象♪ 感染リスクを抑えるため、全て屋外展示。 受付や受注時の紙が風で飛ばされるのは大変だったけど、ウェアは直射日光で発色が良く分か…
コメント:0

続きを読むread more

アイスランティック ノマド105

試乗サイズ176cm、センター幅105mm、R17.0m。 ドライです、空洞感のある芯材。 アメリカブランドに良くある感触ですね。 大きなロゴが入っています。 ブランドを代表するモデルですよね。 開発されたところで、ど真ん中の性能なんだと思います。バランスがいいです。 でも、日本の重めの雪質とちょっと合わ…
コメント:0

続きを読むread more

アイスランティック パイオニア96

試乗サイズ174cm、センター幅96mm、R17.0m。 アメリカンなカラカラドライな乗り味。 ロゴ入りブラックソール。 整地が得意なファットスキーと言われる部類だと思います。 フレックスは硬めで速度にも強いんですが、軽さ・軽快さゆえに重い悪雪に負ける印象を受けました。 日本のパウダーは、アメリカのパウダー…
コメント:0

続きを読むread more

dps ワイラー112RP

試乗サイズ184cm、センター幅112mm、R15.0m。 モイスト寄りなドライな乗り味で、パリパリ感やカラカラ感はほぼない。 ロッカーの始まりが早いロングノーズなのが、ソールの方が良く分かる。 接雪長が短めで、きついサイドカーブなんですけど、整地がいまひとつでした。 まぁ、センター110オーバーの太さですか…
コメント:0

続きを読むread more

dps パゴダ90

試乗サイズ184cm、センター幅90mm、R15.0m。 カーボン芯材の特徴的なパリパリとしたドライな乗り味。 ソールよりもロッカー度合いが良く分かる。 サイズよりも接雪長が短いdps。 操作性はかなり高いです。 登り目的のツアーモデルのような軽さが魅力ですが、重い悪雪には負けてしまう印象。 整地のターン…
コメント:0

続きを読むread more

ファクション CT1.0

試乗サイズ178cm、センター幅92mm、R18.0m。 カラカラしない中身の詰まったモイスト芯材の乗り味。 おっ、おぉ~ スイスで企画・設計されて、ヨーロッパで製造していると書いてある。 プロディジーよりもCTの方が、かなり好みの乗り味だけど、日本のどんなシチュエーションを想定しているのか? 試乗コンディ…
コメント:3

続きを読むread more

ファクション プロディジー1.0

試乗サイズ176cm、センター幅90mm、R不明。 軽快なドライな乗り味。 意外とシック。 板が振り回しやすい性格なので、パラレル滑走が安定しないスキーヤーでも扱えると思いました。 トリックに関しては分かりませんが、仕掛けやすいんじゃないかと思える操作性。 でも、ツリーラン的振り回しやすさはあんまり感じず……
コメント:0

続きを読むread more

スキーショップ コラボ主催 スキー試乗会 @ サンメドウズ清里 2020.3.15

ショップオーナーが納得したモデルだけのセレクト試乗会。 オーナーからチョイスした説明を聞きながら、どれもハズレが無い。 おまけに前日の積雪で最高のコンディション。 試乗会受付前の滑走3本が極上だった。脳内に変な快楽物質がでました。 今シーズンも大きなスキー場へ遠征したけど、一番身近なゲレンデが今シーズン一番の幸せ♪ …
コメント:0

続きを読むread more

2020-2021スキー試乗受注会 @ しらかば2in1 2020.3.14

諏訪店と甲府昭和店主催による初めての開催、しらかば2in1。 感染リスクを下げるために全てが屋外で開催されていました。 定員が決められた予約制なんですが、10時半から11時のピーク時は借りる板が全て出払ってしまうぐらい賑わっていました。 来年も2in1で開催して欲しいのと、ウェアや小物の展示も行ってもらえると嬉しいです。 …
コメント:0

続きを読むread more

アルマダ トレーサー98

試乗サイズ178cm、センター幅98mm、R17.5m。 カラカラ感がない、安定感のあるモイストな乗り味。 ソールにも同じ柄が入っています。 圧雪と非圧雪のバランスが良く感じました。 アルマダと言えばJJ。深雪での振り回しやすさが3級以下の中級者でも扱える抜群の操作性の印象が比較対象のトップに君臨しています。…
コメント:0

続きを読むread more

サロモン スタンス96

試乗サイズ182cm、センター幅96mm、R20.0m。 メタル挿入されている安定感を感じるウェットな乗り味。 トップシートもソールもシックな印象。 速度域が高く、整地向きな印象でした。 XDRシリーズの後継シリーズでしょうか…、XDRよりスタンスは圧雪や悪雪での安定感が図られていると思います。 センター幅…
コメント:0

続きを読むread more

K2 マインドベンダー99Ti

試乗サイズ177cm、センター幅99mm、R不明。 モデル名にTiが付いている通りメタル挿入されたどっしり重厚なウェットな乗り味でした。 ちらっと差し色がソールに入っている。 パウダーにも適用できる太さですが、圧雪されたコース向きの性格。 体格の大きなスキーヤーが飛ばしても踏み抜けないしっかり感を感じます。 …
コメント:0

続きを読むread more

ブリザード ボナファイド97

試乗サイズ177cm、センター幅97mm、R17.0m。 手に持った時からずしりと重い。重厚なウェットな乗り味。 ビンディングが重いタイプが装着されていたので影響していると思う。 ブランドカラーがソールに入っていますね。 ブリザードは軽量芯材の思い込みがあったので、重厚さに驚いた。 太いけど、海外ブランドに…
コメント:0

続きを読むread more

ロシニョール BLACKOPS SENDER

試乗サイズ172cm、センター幅103mm、R16.0m。 どっしり重厚なウェットな乗り味。 モデル名がなんて読むのか分からない。ブラックオプス?ブラッコプス? スラットナーのようにカタカナ表記して欲しい。 名前が呼ばれないものは決して流行ることはないですよ。 モデル名にTIが付くとイエローソールのようですが、…
コメント:0

続きを読むread more

4FRNT バンダル

試乗サイズ179cm、センター幅100mm、R18.0m。 どっしり重厚なウェットな乗り味。 トップシートの割りにソールは地味な印象。 滑走性を優先させているようにも感じる。 ちょっかり板です。 ターンを嫌っているようにも感じました。 カービング風に切ることもできますが、ターン弧は一定で自在性は感じられま…
コメント:0

続きを読むread more

2020-2021スキー試乗受注会 @ 野沢温泉スキー場

アルペングループ主催フリーライドモデル限定の試乗会。乗れるだけじゃなくて注文も出来る。 来季新モデルなら、どこよりも一番安く手に入る機会。 長坂ゴンドラでやまびこまで上がるのが大変だった。リフト券購入も、ゴンドラ乗車も、とにかく並ばされました。 帰りに駐車場をみたら入りきれない車が道路に溢れていて、来場者が物凄くて、賑わっ…
コメント:0

続きを読むread more

大人のシュプール撮影会 @ サンメドウズ清里 2020.3.4

曇天で、赤岳も、富士山も、見えませんでした…。 雨の予報が出ているので、撮影をすべて行ってからランチにする進行に変えると伝達されました。 カメラマンは、先日、木島平でのSIAデモキャンプでもお世話になった近藤カメラマン。 雨が降る前にと、一気に撮影でした。 いつもはランチの後に撮影するリクエスト滑走も…
コメント:0

続きを読むread more

オガサカ ケオッズKS-XX

試乗サイズ167cm、センター幅69mm、R17.0m。 どっしり重厚さのあるウェットな乗り味。 いいです、上質なたわみで気持ちいいです、好みです。 ハンドメイドブランドの乗り味と同じに感じました。 トップシートもソールも黒基調ですね。 TCシリーズに乗っているスキーヤーよりもスキーを知っている感を醸す雰囲気を感じ…
コメント:0

続きを読むread more

オガサカ TC-SK

試乗サイズ165cm、センター幅67mm、R12.6m。 乗り味がガラリと変わっていました、カラカラと鳴る軽量芯材でドライな乗り味でした。 コスメの色合いが赤系から青系に変わったぐらい違いました。 実直な黒いソール。 芯材の変更は、スキーヤーの適用幅を広げる意図なのでしょうか…。 エキスパート向けはエキスパ…
コメント:2

続きを読むread more

オガサカ ケオッズKS-SA

試乗サイズ170cm、センター幅69mm、R16.0m。 軽快だけどKS-SDよりも安定感が増した、モイストな乗り味でした。 真面目な黒いソール。 あと、オガサカはエッジ角度がプレチューンナップ済みで出荷される。 他メーカーは仕上げがされておらずそのままでは滑れない。 オガサカはまじめに真っ当です。 特徴…
コメント:2

続きを読むread more

オガサカ ケオッズKS-SD

試乗サイズ165cm、センター幅68mm、R13.4m。 軽快ですが、しっとり感もあり、モイストな乗り味でした。 良くワックスが染み込みそうなブラックソール。 特徴的なサイドウォールのツインキール。 上部は、キャップ構造。下部は、サンドイッチ構造。 キャップのトーション(ねじれ)の強さと、サンドイッチのフレ…
コメント:0

続きを読むread more

志賀高原 スキー&スノーボード チャレンジラリー

日本で一番広くて、一番標高が高いゲレンデ。 18カ所のスキー場を巡りながらチェックポイント24カ所でスタンプをゲットする。 アプリのインストールの必要もないし、気軽にスマホのGPSで参加できる「チャレンジラリー」 二日間を掛けて、スタンプ24個を集めました。 ステッカーはその場で頂ける♪ ランチが端っこと端…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック シルヴァ

試乗サイズ181cm、センター幅132mm、R25.4m。 最太な来季ニューモデル。 太いけど、メタル挿入なしで、軽やかなモイストな乗り味でした。 左右は決まっている。 左右で舟形で、見るからにパウダーの抵抗を受け流しそうなシェイプ。 ブランドラインナップとして、オガサカE-Turnとの差別化も兼ねて、存在意義…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック マッシヴ106

試乗サイズ178cm、センター幅106mm、R20.5m。 ブラストラックのラインナップで一番太くて柔らかいマッシヴ(センター116mm)の細い版。 ドライな乗り味のヴァーサント(センター103mm)より3mm太い。 太さより異なるのは乗り味で、しっとりモイスト。 太いマッシヴよりも細いマッシヴはフレックスがしっかり速度…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック ブレイザー

試乗サイズ176cm、センター幅97mm、R16.5m。 しっとりモイストな乗り味。 リニューアル復活シェイプは、サイドカーブが小さくなり整地でのターン性能が向上していた。 良くワックスが染み込みそうなブラックソール。 上級者以上が対象だが、圧雪から非圧雪までどこでもイケる。 試乗コンディションが硬くて良く…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック エリキサー

試乗サイズ161cm、センター幅80.5mm、R14.6m。 ドライ寄りの軽快なモイストな乗り味。 カラカラしていなくて、雪面の感触がよく感じられる。 真面目なソール。 いろんなスキーヤーを受け入れるには、いいと思う。 レンタル卒業の一台目、初中級からいい感触が味わえる受け入れる裾野の広いモデル。 しかし…
コメント:0

続きを読むread more

オガサカ・ブラストラック試乗会 @ タングラムスキーサーカス

朝から雪が降っていました。 前日の雨が固まって、うっすら新雪。 すぐに下地のガリガリで、パウダーではないコンディションでの試乗。 スノーボーダーが物凄く多く試乗会に参加していました。 スキーヤーはそこそこでした。 オガサカの新モデル、ブラストラックの新モデル。 あまり適したコンディションではありませんでしたが…
コメント:0

続きを読むread more

赤倉観光リゾートスキー場 広瀬香美さん「弾き語りコンサート」 2020.2.22

赤倉温泉の端っこにある第三駐車場から、反対側の端っこにある赤倉観光ホテルまで、二つのスキー場を滑るゲレンデツアーの企画。 いつもはアクアグリルダイニングでランチBコースを頂いて、折り返して戻るのですが、今回は豪華コンサートも一緒に愉しむ♪ 朝一番は、とってもいい天気♪ 雨の予報が出ていたけど、午後まで持つかもしれないと…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S9 FIS

試乗サイズ165cm、センター幅不明、R12.5m。 競技系パワーウッドコアなんですが、重厚なウェットまで行かないモイストな乗り味。 Xシリーズのパワーウッドコアの方がウェットな乗り味に感じました。 凝ってて派手なソール。 FISって付いているけど、競技モデルとしては、かなり扱いやすい部類だと思います。 あ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S9i PRO

試乗サイズ165cm、センター幅65.8mm、R12.5m。 軽量なカルバウッドコアでドライ系の乗り味。 改良ポイントのトップシート・サイドウォール・ダブルボンディングによるしなやかさを一番感じた。 サーボテック搭載モデルは、たわみを促進するけど、返りをあんまり感じなくて…。 PROはトップの捉えも早くて、タワミからの返…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9s

試乗サイズ175cm、センター幅65.5mm、R15.4m。 競技系しっかり芯材のパワーウッドコア。 ウェットな乗り味。 グリーンなレッドスター。 真面目なブラックソール。ストラクチャーが凝っていた。 安定感や速度域は、S9iよりも上に感じた。 小回りシェイプのリズムのせわしなさを感じない、中回りシェイプ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9 WB

試乗サイズ168cm、センター幅75mm、R13.5m。 競技系しっかり芯材のパワーウッドコア。 ウェットな乗り味。 真面目なブラックソール。ストラクチャーが凝っていた。 ちょいと太いことで、試乗当日のザラメ悪雪にマッチしていた。 安定感や速度域は、S9iよりも上に感じた。 モデル名がとっても似ている…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S9i

試乗サイズ165cm、センター幅68mm、R12.7m。 iシリーズの特徴である軽量カルバウッドコアで、ドライ寄りな乗り味。 雪面に置いてあるだけで、ソールが雪面に反射する派手な演出。 S8iよりも速度域は上で熟練者向きだが、1級・2級の上級者も扱える操作性。 セミナーで説明された「ワンランク上のスキーヤー…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S8i

試乗サイズ165cm、センター幅68mm、R12.7m。 iシリーズの特徴である軽量カルバウッドコアで、ドライ寄りな乗り味。 ソールが雪面に反射する派手な演出。 X9iや TRは中回りシェイプで、S8iは小回りシェイプ。 どちらも同じ1級・2級の上級者向け速度域と、適用コンディションと感じた。 ATO…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9i

試乗サイズ174cm、センター幅65.5mm、R15.4m。 iシリーズの特徴である軽量カルバウッドコアで、ドライ寄りな乗り味。 TRと同じ1級・2級の上級者向け速度域と、適用コンディションと感じた。 芯材の違いによる乗り味は異なる。 サーボテックの引っ張りによるトップロッカーの操作感も異なる。 好みで選べ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER TR

試乗サイズ175cm、センター幅70mm、R16.2m。 競技系しっかり芯材のパワーウッドコア。 競技系と言っても、ウェットまで重厚にならず、モイストな乗り味で扱いやすい。 ”FIS”、”i”、”X”が付かない素のREDSTER。 チームレースの略TR。 クセがなくてとっても素直。 X9iと同じ1級・2級…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9i WB

試乗サイズ168cm、センター幅75mm、R13.5m。 iシリーズはカルバウッドコアで軽量・軽快なドライな乗り味。 75mm前後のワイドボディWBのモデルが増えてきていますね。 アトミックのラインナップには「9」が付くモデルが多くある。 競技ラインでも、基礎ラインでも、トップモデルの意味として受け取っている…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X7 WB

試乗サイズ168cm、センター幅75mm、R13.5m。 しっかり芯材のパワーウッドコアですが、メタルが少ないのでしょう、iシリーズの軽量芯材と同じような乗り味でした。 黒くまじめなソールにツリー型の凝ったストラクチャーが入っています。 レンタル卒業から初めて所有する初中級者にマッチしている感触でした。 ちょ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック ヴァンテージ 97 TI

試乗サイズ172cm、センター幅97mm、R18.0m。 ドライ系のパリパリとした乗り味。 軽量・軽快を見た目でも特徴づける透け感。 太さの割りに整地が得意だと思います。 浮力もソコソコで、振り回しやすい。 軽量さとのトレードオフで、トラックが入ったギタギタパウダーは凹凸を全て拾ってしまう。 ATOM…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック ヴァンテージ 90 TI

試乗サイズ176cm、センター幅90mm、R18.4m。 パリパリドライな乗り味。 その分、ものすごく軽量・軽快。ツアーモデル並みに軽量なオールマウンテンモデル。 軽さは、技術力がある証だと思います。 ソールのピンク色が、トップシート側から透けて見えます。 対象スキーヤーのすそ野を広げる方向にも軽量が効いて…
コメント:0

続きを読むread more