HEADヘッド WC REBELS i.GSR

画像
センター幅68mm、R13.5m。
フルキャンバー形状。
素直な操作性と反応で、しっとりモイストな乗り味で、個人的なヘッドのイメージと一致する。
昔ながらの醤油ラーメンのような味わい。

スーパーシェイプスピードがドライ系の乗り味で、ロッカーなので、
それぞれに特徴がある。
スピードよりもテールのエッジグリップを感じる。トップの反応も素早い。
これを振り回しにくいと感じるか、安定感と感じるか、好みが分かれる。

他ブランドも含めて、1級受験レベルで最安値モデルだと思う。
定価でも十分にお買い得なんだけど、
たまにセットスキー並みの価格になっていたりするダークホースモデル。

i.SLRのシェイプ違いもあって、選択の幅があるヘッドのラインナップ。

今まで競技モデルがメインの試乗会で、隅っこにあるのを試乗してきたが、
販売店にて少し認知度が上がってきたのか、量販店試乗会に出てくるようになってきた。
目新しい感じはないけど、もっと認知されていいと思う良品モデル。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オンピステモデル

    Excerpt: チャートの解説は、スキーグラフィック6月号 100ページのコラムを参照してください。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-05-11 05:40