STOCKLIストックリ STORMRIDER 85 MOTION

画像
レディースモデルがメタボおやじを受け入れるシリーズ♪♪
去年、今季モデルを試乗して感動した。
ストックリのモデルチェンジサイクルから、来季はコスメ違いだけと思っていたら、シェイプが変更されていると説明された。へぇ~

リフト乗り場へ行く間ですでに感触がいい。軽量だけどパリパリしていない。
競技モデルの強さや重さで振動をねじ伏せる感触と全く異なるんだけど、不要な振動が除去されている。
LaserCXの振動が発生しないのか除去されているのか分からないが、同じ上澄み感を感じた。
CXはレスポンスがまったりしているし、センター幅が85mmと太いので、もっとまったりしたレスポンスを想定して滑りだして、裏切られたっ!!

クイックな小回りリズムが気持ち良く作れた。
R15.8mなので、サイドカーブというよりはタワミによるリズムメイクだと思う。
切り替えに85mmの太さを感じなかった…、さらにセミファットのエッジグリップの甘さがない。
人工雪ゲレンデの下地アイスバーンのコンディションで、デモカテゴリ並みに整地が調子良すぎる。

ザブザブザラメ悪雪での大回りは、セミファットの強みである足場感。
突破ではなく凹凸をいなして、滑らかな滑走感♪
重厚な安定感じゃないのに、不思議な安定感。
正直、この日のコンディションでは、デモカテゴリのモデルよりも調子が良かった。小回りも、大回りも。
こんなフリーライド、他に無いぞ、マジで。

滑っていると、ときめいちゃう♪
愉しいぃ…。
レディースモデルなんだよねぇ…、調子が良ければ関係ないか。
レディースモデルに魅了されているメタボおやじ。

カミサンと兼用ということにすればいいかな。
後付けの言い訳が湧き上がる。
試乗会でオーダーすると4000円引きだと一日中連呼していた。展示会よりも確実にお得らしい。
ブランド担当者は、展示会じゃ遅くて、4月中に数量を決めてしまうとのこと。要は後から欲しくなっても手に入らないらしい。

ブラストラックのファーザーを超える相性の良さを感じるモデルになかなか巡り合えない中、次もブラッシュアップされたファーザーにしようかな…、と考えていた。
これに乗っちゃうと、出会いの確率はさらに低くなってしまい、試乗会の愉しみが減ってしまうと思う。

ファーザーのセンター幅92mmよりも太いモデルを探していたのに、85mmのストームライダー。辻褄が合っていない…。82mmのエリキサーを所有していて完全に被っている。
ストックリ3台めとなる。ブランドが好きな訳ではないんだけど、乗り心地で選んだ結果は高くつく。
滑り仲間からは呆れた冷ややかな視線を受ける。もう言い訳がましいことをいうのもヤダ。
もろもろを超越する乗り味。

LINEのSAKANA、センター105mm、R15mをアルペンに発注、
もしくはブルーモリスのラプターを八甲田コスメにしてもらい、スポピアで発注、などと妄想していたが…。
ICIの伝票を持ち帰った…。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オフピステモデル

    Excerpt: 非圧雪オフピステモデルで、試乗できた28モデル中、シェイプデータがわかる25モデルのセンター幅とサイドカーブをプロットした。 傾向などの読み取りについては、スキーグラフィック7月号の100ページを参.. Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-06-10 20:50
  • 2019-2020試乗 80mm台モデル まとめ

    Excerpt: センター幅が80mm台の13モデル。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2019-05-04 05:12