OGASAKAオガサカ UNITY U-OS3

画像
驚かされたユニティ3。
サイズ160cm、センター幅75.5mm、R14.8mの女性や小柄なスキーヤー向けサイズを試乗。

1/2/3シリーズの末っ子で、物凄く軽いのに、メタボおやじを受け止める。
軽い操作感で板は振り回しやすいけど、切ってカービングで踏みつけても踏み抜けない。
足場感がしっかりと感じられて、悪雪コンディションでも楽に滑れる。
まさにオールラウンドの理想形の滑走感。

軽いだけで怖い印象の板はとても増えたけど、「怖くない」板は意外と少ない。
「怖くない」滑走感ってとっても大事だと思う。
それだけでスキーが楽しくなって、イヤにならない。身体もこわばらないから、楽だし。
キャップ構造のセットスキーで、怖い思いをしてスキーが嫌いになっている人は居ますよね。

軽さが同程度のモデルは増えてきた。
でも安定感でユニティを超えるモデルには出会えていない。
軽さと安定感はトレードオフである概念を覆す。
見た目はペロンとした平板で、機能パーツのゴテゴテ感は一切無い。
芯材だけで実現していることに、感服です。

「信頼と実績のユニティ」 
ベタなうたい文句は茶化して笑いにしますが、その通りってのは、凄みになります。
安心感はナンバーワンのシリーズだと末っ子3が教えてくれる。
3だからって、初中級スキーヤー向けだけではない。
体格で1/2/3をチョイスすればいいんですね。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック