elanエラン SLX FUSION

画像
ワールドカップの文字は含まれていませんが、
FISとモデル名に含まれている本気競技モデルのような重厚感。
中身が詰まったウェットな乗り味。

うりゃあっ、とりゃあっ、とやってみても相手にしてくれない…。

試乗ゲレンデのコンディションは、ざぶさぶザラメ。
そこをドドォ~と、突破する重厚的な安定感。
意思疎通がとれず、あまりキレやレスポンスは感じられなかった。

こんなに難しいモデルの印象はなかったんだけどなぁ…。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オンピステモデル

    Excerpt: チャートの解説は、スキーグラフィック6月号 100ページのコラムを参照下さい。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-05-09 21:57