KEI-SKIケイスキー EZO85

画像
ストックリはスイス、ブロッサムはイタリア、ケイスキーは日本のハンドメイドブランド♪
綺麗なコスメで目を惹いたEZOが並んでいた。
SAPPORO MADEの文字

むっ? あれ83じゃなかったけ…、85ぉ、ほぅ…。
新シェイプですね。

シェイプだけじゃなくて構造も刷新、サンドイッチ構造になったぁ♪
見た目オガサカのツインキール見たいに、サイドウォールがあって、キャップぽく厚みのあるトップシート。
今季83のキャップの乗り味より、しっとり感が増したけど、軽量を維持。
軽量なのに飛ばしてもバタつかない、切って滑ることもできるエッジグリップ。
いい…。


帰ってきて確認。
あぁ、やっぱり乗ってるよね、“EZO83
覚えているもんですねぇ…。

サイコからエゾにモデル名が変わった時は、平板サンドイッチだった。フラットベントとロッカーが選べたりした。
キャップ構造に変わって3シーズン?4シーズン?
メーカーの人間でもないのに、なんだか語れている…、ちょっと自分が気持ち悪い。

来季モデルのEZOは現代風のバランスの良さを感じました。
5色から選択が出来たり、ネームを入れたりも出来る。
激戦区のセンター幅のモデルだが、存在感があるなぁ、選ぶ理由もある。
魅力的なモデルが一つ増えた。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック