テーマ:2017板試乗

2017モデル スキー試乗総括 オンピステモデル解説

試乗モデルと対象スキーヤーを関連付ける解説を求められたので、もうちょい詳細を。 【スモール】 極端に体重の軽いスキーヤー、妙齢で筋力のないスキーヤー向き。 チャートにない候補 : オガサカUNITY3 レンタル卒業の一台目でも【スモール】カテゴリは選ばず、【ミニバン】カテゴリからになると思う。 低速で軽量スキーヤーが、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2017モデル スキー試乗総括 オンピステモデル

個人的な感触による分類。メーカーカタログの序列とは異なっている。 感触とは、レスポンスと速度域。それを自動車に喩えてみた。 【スモール】 : 軽やパッソのイメージ。まぁ、軽にもS660などスポーツタイプがありますが異なります。 レスポンスはいいんだけど、軽くて少し頼りない。速度域は低いと感じたモデル。 あんまり試乗会には出て…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017モデル スキー試乗総括 オフピステモデル

いままでセンター幅でフリーライドモデルを分類・総括してきたけど、今回はサイドカーブに注目。 試乗できたモデルのセンター幅が100mm前後に落ち着いてきた背景も要因の一つ。 シリーズモデルの試乗の際に、芯材が同じで、センター幅が違うだけと思って試乗すると、思いのほか感触が違うことがキッカケ。 サロモンQST 92と108だと、断…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2017モデル試乗記事アクセスランキング

試乗した92モデルの投稿記事に対するアクセス数。巷の注目モデル。 ① : オガサカ TC-SH 【スポーツカー】 ② : サロモン X-MAX X-12 【セダン】 ③ : ブラストラック Farther 【センター92mm】 ④ : ロシニョール DEMO Alpha Soft 【ミニバン】 ⑤ : ヘッド Super …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BLUEMORISブルーモリス Ωオメガ

サイズ141cmのワンサイズ。 左がトップ、右がテイル。ピンテイルでパウダーでの操作性を狙った形状である。 センター幅126mmのファットスキー。 コスメはかなり好み。 明るく綺麗な発色と、透けた木目風が美しい♪ 最大の特徴は、ビンディングトゥピースの前のトップ部分のソールが手のひらサイズで凹んでいる。 ソールの…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

KEI-SKIケイスキー ESCORTⅠ

サンドイッチ構造のワン、キャップ構造のツーと2モデルがケイスキーブースに並んでいた。スキージャーナル誌の通販ページに掲載されているので、存在は知っていた。 でもまぁ、ショートスキーだし、初心者をパラレルに導くコンセプトも目新しくないし、興味薄で、試乗も一番最後に。 乗って驚いた。 いやぁ~、乗ってみるもんです、どんなモデルにも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

HARTハート Infinity S WC SP

試乗会場にいろんなタイプがあったインフィニティS。 キャップ構造とサンドイッチ構造。一体プレートと分割プレート。 コスメが同じなので、よぉ~く見ないと違いが分からない状況で、 選んだ試乗モデルは、サンドイッチで一体プレート。 配布された試乗リストによると、金具別・板単体で17万円とお高い値付け。 競技モデルですが、シビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HARTハート Circuit MT 9 Series

中大回りサイドカーブで、センター幅75mmのちょい太なシェイプ。 赤いSTはサンドイッチで軽量ですが、MTはキャップで普通の質量感。でも重厚ではない。 個人的には、STよりMTの乗り味の方が好き、キャップだけど。 似たシェイプの対抗馬の中では、速度域は高め。 ・K2 スーパーチャージャー ・ストックリ レーザーAX …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

elanエラン SLX FUSION

しっかりフレックスの競技のセカンドモデル。 速度域は高い。 固く強い板だが、アンフィビオ形状だからか、クセが無くて素直な操作感。 板が短く感じた、165cmのSLシェイプなんだけど。 振り回しやすいんだと思う、シッカリなのに。 レースカー・【スポーツカー】・セダン・ミニバン・コンパクト [ホグロフス] H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HEADヘッド WC REBELS i.SLR

競技シリーズレベルズの最下位モデル、小回りシェイプ。 今季のi.SLRと相性が良かった、好み。来季モデルも相性が良い。 ウェットでベロベロなフレックス。i.SLよりもさらにベロベロ感が増している。 単に柔らかフレックスだと、速度域が低く、突破力や安定度が低いが、ウェットな乗り味が加味されると操作性を維持したまま速度域・突破力・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STOCKLIストックリ Laser CX

現行CXのしなやかフレックスを気に入って、2シーズン愉しんでいる。 来季モデルもしなやかフレックスの性格は変わらず、まったり感が強まったかも。 コスメの色が赤から黒に変わった印象の方が強い。 AXとCXの比較だと、速度域は同程度だが、太さだけではなく芯材の感触が異なる。 AXの方が少し軽量でウェット感が和らぐ、CXはヒタヒタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

STOCKLIストックリ Laser SX

中大回りシェイプのSX。 しっかりフレックスなんだけど、競技モデルよりは柔らかい。 どんなに飛ばしても頼れる安定感、飛ばすほどタワミも増して気持ちいい。 いつもよりも内傾角が深くなる。 気持ち良すぎて、脳内に変な汁が出た。 ほ、ほしいぃ…。 レースカー・【スポーツカー】・セダン・ミニバン・コンパクト (…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

STOCKLIストックリ Laser AX

センター幅78mmのちょい太で、中大回りサイドカーブ。 軽量で軽快なバツグン操作感、なのにしっとり安定感。 中級者以上のスキーヤーはみんな恩恵を受けられる乗り味。 難しいコンディションも楽に楽しくさせてくれるモデル。 20万円以上のプライスをどう考えるか…。 シーズン滑走日数が10日に達しない中級スキーヤーこそ、限られた滑…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BLOSSOMブロッサム BELLEZZA

センター幅77mm、ちょい太オールマウンテン日本限定モデル。 軽い、が第一印象。しなやかにたわみますが、速度域はソコソコ。 軽快な操作感を狙った印象。 レディースというより、頑張らないマダム向けなモデルに感じた。 スポーツでもなく、レジャーでもなく、リゾート的な…。 対抗馬は、ストックリ レーザーAX辺りかな。 レー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ROSSIGNOLロシニョール HERO ELITE ST ti

来季デモアルファソフトとの違いは、KONECTというプレートだけですが、安定度が増しています。今季はコスメのみの違いで同じTPXシステムでしたが、来季はプレートを変えてアルファソフトとエリートに差を演出していますね。 「競技テイストを増しました。」と、試乗担当者からの説明。 競技テイストとして感じたのは、エッジグリップと安定度。でも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ROSSIGNOLロシニョール DEMO GAMMAデモガンマ

ガンマは初試乗。 ベータよりも軽く振り回しやすい。安定度よりも操作性優先な乗り味。 レースカー・スポーツカー・セダン・ミニバン・【コンパクト】 '16ロシニョールROSSIGNOLスキー「DEMO GAMMA TPX」+金具AXIUM 120 TPI2 (163)ロシニョール(ROSSIGNOL) Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MEGAWAVEメガウェーブ PROFESSORプロフェッサー

サイズ167cm、センター幅73mm、サイドカーブR15m、使いやすいシェイプ。 さらに操作性バツグンっ!! サイドウォールのあるサンドイッチ構造で、しなやかさもある。 おいくらなんだろう??  メイドインチャイナと書いてあるけど、セットスキー並みのプライスだったら、かなりお買い得な滑走性能。 キャップ構造のセットスキーよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARMADAアルマダ INVICTUS89Ti

試乗サイズ179cmでセンター幅88mm、サイドカーブR17.5m。 108TiのサイドカーブはR20m以上。 日本のゲレンデではフリーライド板でもR20m以下が適しているような感触を掴んできた。 要はチマチマできる方が適用できるシチュエーションが多いと思う。 同じモデル名のインビクタスで速度域や安定感は変わらないけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARMADAアルマダ INVICTUS108Ti

サイズによってセンター幅が変わるシェイプ設計。試乗サイズは178cmで、センター幅106mmとモデル名より細い。 アルマダはインビクタス押しなのかどこの試乗会にもあった。 今季モデルのインプレッションと変わらない印象。メタル挿入の安定感。 JJやTSTといった振り回しやすいモデルがアルマダの代名詞のように人気ですが、板を踏める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EXTERMエクストレーム Project 100

北欧スウェーデンの穏やかな先入観を持って試乗しても裏切られない。 オピニンオンの中身が詰まった感じに加えて、プロジェクトはメタル挿入の安定感。 当然速度域は高かったです。 重い悪雪を飛ばしても、気持ちいい♪ トラックが入ったパウダーもへっちゃらでしょうね。 スウェーデン・パラドックス日本経済新聞出版社 湯元 健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R・M・Uロッキーマウンテンアンダーグラウンド JUNIA W's

アポストールを女性向けにチューンしたモデルらしい。 センター幅が、アポストール98mm、ジュニア95mmと若干細くなっている。 扱いやすさが増している。 女性用と謳っているが、メタボなオヤジでもしっかりと受け止めてくれた。 頼りないことは全くなかった。 ハンドメイド芯材の適用幅の広さを感じる試乗となった。 いい乗り味…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LINEライン SIR FRANCIS BACONサーフランシスベーコン

センター幅104mmなのに、184cmと長めなサイズなのに、とにかく調子がいい。 今季モデルの試乗した印象よりもさらに印象がいい。 継続モデルでコスメだけの変更だと思うが、なんだかハマった。 重い春の悪雪の整地で長いサイズが振り回せる。切って滑ることもできる。 高めの速度にも対応できるというか、試乗コンディションでは細めのデ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

LINEライン SUPERNATURAL 100

モデル名通りのセンター幅100mm。 そしてモデル名通りのルックス、芯材の木材が透けて見える。 真ん中に挿入されているメタルも見える。 乗り味も超自然か? まぁそんなにクセは無い。 自然な中身の詰まった重量感、軽い方ではない。 その分、安定感がある。 悪くはないが、ピンッとこなかった。 LINE(ライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ReIsmリィズム POLARBEARポーラベア

冬眠せず活動的なシロクマ。 オーロラの下、どんなふうにも解釈できる表情がいい。 あんまり好きじゃないキャップ構造なんだけど、これはアリ。 カラカラ言わないし、いい意味で穏やかなエッジグリップ。 センター幅110mmと太目だが、整地がイケル。 サイドカーブR19.5mも効いている。 悪雪凹凸での浮力は十分、浮いて操作し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ZUMAツマ 1stファースト

初めてのツマ。 センター幅88mm、サイドカーブR18m。 軽量でドライなんだけど、タワミもある。 整地の使い勝手も感触もいいファーストインプレッション♪ このシェイプと、モデル名の“ファースト”から思うに、初めてのスキーにも使える印象。 でも、上級者が飛ばして滑っても対応する。 パーク用だけではもったいない、整地が侮れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SURFACEサーフェス Odyssey

センター幅96mm。 軽量でドライな乗り味。エッジグリップもそこそこいいので、圧雪もイケル。 ただ、ちょっと違和感を覚えたのは、テールが長く、トップが短い。 ど真ん中にビンディング設置のパーク用セッティング。 ぬいぐるみ スキーマーモット スキーをしているマーモットです。Stuffed Animal House(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Libertyリバティ originオリジン 96

しなやかで扱いやすい。 ファット初心者向きなモデル。 その分、速度域は低めだが、操作性が高く、悪雪の凹凸に対して、突破力ではなくいなす感じ。 センター幅141mmの極太ファットの「ゲノム」。 そのサイドカーブをそのままに細く116mmにした「オリジン」。 さらに細く96mmにした「オリジン96」。 柔らかく扱いやすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

whitedotホワイトドット ONE 

初試乗のホワイトドット。 雑誌で見掛けたことはあったが、現物を目にするのも初。 センター幅89mmと扱い易そうなシェイプだなぁ…、と思って、持ち上げてみると、軽い。 しかし、試乗してみると、たわみにくい…、メタボな体重で踏みつけてもたわまない。 トップとテイルのロッカー形状がそのままで、試乗コンディションの春の重い悪雪凹凸の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FACTIONファクション CHAPTER 116

軽量でパウダーを速く滑るのに向いている印象。 たわみによる減速が少なく、浮力を得やすい感じ。 トラックの入ったコンディションだと、軽量が裏目に出るんじゃないかなぁ…。 フレックスによって、凹凸をいなす感じがないので、そのまま体に来た試乗感触。 同じ試乗会で、LINEの定番モデル サーフランシスベーコンで、定番になるバラン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FACTIONファクション CHAPTER 106

初ファクションの試乗。ファンクションではないらしい。 ドライな乗り味で軽量。 センター106㎜が中途半端に感じてしまった。 圧雪コースにはちょっと太すぎて、非圧雪を狙うならもっと太いモデルの方がハッキリしていると思う。 あんまりしなりやたわみを感じず、軽量なので、悪雪のボサボサの上に板が乗り、暴れた。 パウダーオンリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more