テーマ:2015板試乗

2015モデル スキー試乗総括 パウダーカテゴリ

センター120㎜オーバーモデル。 心残りは、緑色のK2シュレデター136が乗れなかったこと。ぜんぜん返ってこなかった。テールが異様に柔らかく前後フレックスが極端に違う乗り味を試してみたかった。 来季モデル試乗 ◆MOMENT Bibby (120) ◆LIBERTY Dobule Helix (121) ◆VOLKL TH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015モデル スキー試乗総括 オールマウンテンカテゴリ

センター幅90~119㎜。 パーク、ツアー、フリーライドの要素が混じる。 眺めただけでは全く乗り味が分からない、展示会で持ち上げてあおってみてもみても分からない。試乗してみなきゃ分からないサイズ群。 このカテゴリ、欲しいモデルがいっぱいある、興味がそそられる面白さ。  ブランド モデル (センター幅) ◆NORDICA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015モデル スキー試乗総括 オールラウンドカテゴリ

センター幅~89㎜のモデル。 初心者用・コンフォート・オールシチュエーション・パーク・エキスパートなど、様々な要素が入り込むカテゴリ。 ブランド毎に表現もバラつき、定義も曖昧だが、滑る雪面はゲレンデ内コースの整地がメインのサイズ。 試乗としては、先入観が少ないモデルばかりでワクワク刺激的。  ブランド モデル (センター幅)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015モデル スキー試乗総括 競技・基礎カテゴリ

このカテゴリは、定番モデルの再確認の趣きがある試乗。 あまり変化のない中、ロシニョールのHERO Masterのたわみの気持ち良さは印象的、初めて大回り系で欲しいモデルになった。 ストックリやブロッサムの気持ち良さは別格、脳内になんか変な汁が出る。 初試乗したアイディワン、毎シーズンのモデルチェンジとは別のサイクル。モデル意図を的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KEI-SKIケイスキー EZO100

シリーズ最太センター100㎜の軽量キャップ構造。 かなり軽くツアーモデルの趣きがある。 そしてちょいとカラカラ音もする。なので、メタボな私との相性はいまひとつ。 まぁ、コレだけ軽量化を進めた結果なので当然なのですが…。 サンドイッチのしっとりから、キャップの軽快へ 扱えるスキーヤーの対象が広くなった。 【←→】滑走中…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

KEI-SKIケイスキー EZO84

センター84㎜。 ゲレンデメインのオールシチュエーションモデル。 サンドイッチハンドメイドのケイスキー、構造変更なんて思い切ったことをするものだ。 でも、試乗して納得。かなり調子がいい。キャップ嫌いの私の好みにも合う。 EZOの3モデル中、一番気に入った84。 R17mでカービングもできる。カーボンのトーションが効いて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

KEI-SKIケイスキー EZO74

モデルチェンジのEZOシリーズ。 シリーズで一番細いセンター74mm。操作性バツグンな軽量キャップ構造。 国内ブランドで同じ太さの対抗馬は、スワロー・プロパルジョン、リィズム・SL-C、IDone・FR-XP、オガサカ・ET-7.6辺りかな。 う~ん、迷うモデルが追加になった。 好きなカラーが選べることが差別化特徴。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

dpsディピーエス Cassiar 95 Pure

新規モデル、センター95mm、ピュアカーボン芯材。 ハイブリッドとピュアで乗り味はかなり違う。どちらも高い価格帯なのは変わらないので、dpsを買うなら、dpsを味わうならピュアの方を選ぶなぁ。 dpsは、トップとテールが派手に跳ね上がっている印象が強い。 でも、このモデルはキャンバーが強い整地向き。 ザブザブざらめ雪の整…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

dpsディピーエス Cassiar 85 Hybrid

整地に重きを置いたモデル、センター85mm、芯材が竹とカーボンのハイブリッドは来季新規投入。今季はピュアカーボン芯材のみ。 dpsは、ピュアのような気がする。 ハイブリッドの良さは価格が抑えられること、でもそんなに安くない。 他ブランドと比較するとかなり高価なのに、乗り味の特徴がスポイルされていて勿体ない。 【↑↑】パラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LIBERTYリバティ Dobule Helix

センター121mm、R25.5m。 今季モデルの試乗と、全く同じ印象。 オーバー120㎜モデルで軽快感はトップの印象。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱えるオーバー120mmモデル。 LIBERTY(リバティー)2014 レトロライトバンブーポール(RetroLightBamboo…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LIBERTYリバティ Origin

新規モデル。センター116mm、R22m。 極太ファットのゲノムを細くしたオリジン。 フレックスやトーションもゲノムと同じとのこと。 コスメが気に入った。 おどろおどろしいコスメもあるけど、明るい方が好き。 ゲノムは太すぎて…、ダブルフィリックスが次の選択肢だったが、オリジンも選択肢に入るとおもう。 シッカリ感がある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

elanエラン Spectram 105

操作性のいいメタル抜きモデル。 でも、ロッカーの跳ね上がりが激しい他ブランドモデルでもある感じの操作性。 誰でも扱える。 個人的にはALUの付いたメタルモデルの方が好み。 速度域が一段低い。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱える HESTRA(ヘストラ) 3-FINGER …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

elanエラン Spectram 105 ALU

アンフィビオ形状のファットスキー、スペクトラムシリーズが調子良かったのでサイズ違いを試乗。センター105mmでメタルが入っているモデル。 やっぱり調子がいい。 メタル入りで安定感があるのに操作性がいい。 トップとテールでフレックスが異なり、テールが若干柔らかめで振りやすさに貢献している感じ。 トップは、悪雪突破力を感じる張り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARMADAアルマダ Declivityデクリビティ

来季新規モデルのデクリビティ。 アルマダの勝手なイメージと異なるモデル、マジメ。 ツアーカテゴリらしいが、登り用としては重め。その分、滑りの安定度は高い印象。 板の真上に乗っていられるバランス能力を持っているスキーヤーならば、雪質の対応幅が広いと感じた。 重量ではなく雪質の能力からツアーカテゴリなのかもしれない。 メタ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

VECTOR GLIDEヴェクターグライド Aventura Glass

昨シーズンはアヴェントューラのメタルとグラスを試乗させてもらった。ちょっと心残りだったグラスの短いサイズ178cmに試乗。まぁ長い185cmで抜群なので、短いモデルで扱いにくいことはあるはずがない。 素晴らしい♪ センター幅100㎜ 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱える印象だけど、中級者に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

OGASAKAオガサカ Unityユニティ AS-2

ユニティシリーズを一通り試乗できた。 AS-1 AS-3 センター幅75mmのオールシチュエーションモデル。 サイズも150㎝から165cmまで大抵の大人はカバーされる展開。 早めにオーダーすればカラーも選べる。 レンタル卒業の中級者から、筋力は落ちたが板さばきは上級のスキーヤーまで、対応スキーヤーも幅広い。 雪面…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ROSSIGNOLロシニョール Experience 77 Ca Exirum

7シリーズのエアーチップが入っているオールラウンドモデル。キャップ構造とエアーチップが相まって物凄く軽い。 難しいこと、シビアなこと、一切なし。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱える印象 むか~し、フィッシャーにAMCというハニカム構造のモデルがありましたね。 とっても似ている。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ROSSIGNOLロシニョール Soul 7

センター106㎜、昨年ISPOアワードを受賞した継続モデル。 昨シーズンの試乗会では試せず、展示会で触れて軽く変わったことだけ認識していた。 トップとテールに軽いエアーチップが挿入されている。 試乗サイズ180cmと長めだったが、ロッカー形状とエアーチップが相まってスウィングウェイトはかなり軽い。 でも、ビンディング下の足元…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

elanエラン Spectram 115 ALU

メタルが挟み込まれたモデル。高速安定性は当然グラスファイバーモデルよりも高い。でも、扱いやすい、う~ん、やるなぁ…。 そんなに刺激的じゃないんだけど、じんわりといい。 【↑↑】パラレル操作ができるスキーヤー向けの印象 トップのロッカー具合は控え目というかインサイドはキャンバーなので、深雪の浮力はまぁまぁ、でも早い滑走感。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

elanエラン Spectram 95

キャンバーとロッカーの両性アンフィビオ形状のフリースキー、スペクトラムシリーズ。メタルとグラスファイバーの2タイプあって、こちらはグラスファイバーが挟み込まれている。 いいなぁ…、これ。 フリースキー、いろんな乗り味があって面白いけれど、どのブランドとも違うけれど異端児じゃない。不思議。 扱いやすい振り回しさなのに頼れるグリッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VOLKLフォルクル THREE

来季追加のセンター135mm極太モデル。ONE,TWOと同じフルロッカー。 試乗日は新雪にも恵まれて、期待をして乗り込んだ。 太さによる浮きはあるけれど、フルロッカーのトップから足元までの面抵抗を感じる。そう、スピードが上がらない。 ゆっくりツリーラン向きなのかな。 【↑↑】パラレル操作ができるスキーヤー向けの印象
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VOLKLフォルクル ONE PINK

センター幅116mm、ONEの色違いレディース版156cmにメタボおやじが試乗。 フルロッカーなので悪雪圧雪ゲレンデにて接雪長が短く、くるくるキョロキョロと、プレイフル。 フルロッカーなので、たわみや返りは感じられない。そのままドドドォと突き進む乗り味。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

MOMENTモーメント Bibby

センター幅120mm。 試乗3モデルの中で一番好き。 他ブランドを含めたオーバー120㎜のモデルの中でもかなり好みの乗り味。 これはいい、楽しい。 トップもテールも反り上がりが激しく、接雪長が短いので取り回ししやすい。 角付けて圧雪整地の反応も悪くない、太いのに。 非圧雪は丁度いい突破力。トラックの入った部分も関係なく突…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

MOMENTモーメント Deathwish

センター幅112mm。いろんな賞に輝いているデスウィッシュ(自殺願望)。 板が波打っているトリプルキャンバー、三つすべてのキャンバーを雪面に押し付けるには、かなりの速度と脚力が必要。硬く強いこのモデルを味わえるスキーヤーはかなりの上級者。 海外の賞って、一般人が味わえなくてもいいのね。 4FRNT、ヴェクターグライドの硬い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

MOMENTモーメント Tahoe

モーメント初試乗。アメリカのネバダでハンドメイドされているブランド。 オールマウンテンカテゴリでは一番細いセンター幅96㎜のタホ。 3モデル試乗して一番扱いやすいモデルだけど、玄人好みな乗り味。特徴がある。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤー でも扱えるモデルだけど、乗り味をクセや違和感と感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

FISCHERフィッシャー Big Stix 100

中庸な乗り味。極端に軽い訳でもなく、重厚な突破力でもない。 整地でのレールターンの反応が良かった。 真面目なフリーライド。 【↑↑】パラレル操作ができるスキーヤー向けの印象
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LIBERTYリバティ VARIANT 113

リバティのラインナップではしっかりフレックスで異色モデル。 でも、競技や基礎モデルと比べれば十分にソフトなフリーライドの乗り味。他ブランドにはバリアントよりも硬く強いモデルは数多ある。 “ステルスロッカー”と言う名のロッカーらしいが、滑った印象はフルキャンバーに近い真面目さ。 ブランド担当者から「評価が分かれるモデル」と説明を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

K2ケイツー Shreditor 92

モデル名通りセンター幅92㎜。 シュレディターシリーズに来季追加の細いモデル。 アンプ・リクターとの違いは、後ろ向きスイッチスタンスでも滑れることと、サンドイッチ構造。 クセなく普通に整地を滑れた。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱える印象
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LINEライン Chronic

パーク用モデル、センター幅92mm。 ターンも出来るけど、くるくる回る。ひねりというレベルではなく回転。 ソールはこんな感じ。 【←→】滑走中に左右の足の間隔・スタンス幅が変化するスキーヤーでも扱える印象
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ARMADAアルマダ ALPHA X

アルマダとしては重厚な安定志向の乗り味。 たしかパーク用のモデルなので、JJよりももっと軽いと思っていたのでギャップに驚いた。 パークやハーフパイプを高速で飛ぶにはこのぐらいのしっかり感が必要なのかな? メーカーHPを再確認して、ロッカー具合が“パークロッカー”であって、カテゴリはパークじゃなかった、勘違い。 ハードなバーン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more