「skier 2021 GEAR CHOICE」読み込み③

2021カテゴリ.jpg
雑誌を色分け → 太さ分類 → カテゴリ分類と読み込んできた。
雑誌の6分類 → 8分類へ

グラフを眺めていて思いつくのは、カテゴリが多く重なる80mm台。
試乗していて一番戸惑うことが多いサイズの実感と、グラフが重なっている。
パーク用とか、ツアー用とか、説明されないことで乗り味や対応速度などで戸惑うこともある。
ただ、先入観無しで、新たなモデルとの出会いが生まれていることも面白味かな。

カテゴリが重なるということは、今のデファクトスタンダード的なサイズは80mm台とも言える。
ギアチョイス記事でも、「日本の雪質では75mm以上」「より高い雪質対応力を求めるなら80mm前後でもいいだろう」とある。
なるほど。

コレクター気質なので一台体制にはなれないけど、よく尋ねられる。
レンタル卒業の一台目を選ぶ試乗候補モデルは、やっぱり70mm台のモデルを勧めるかな。
そして、ロングセラーモデルを試乗候補に挙げるな。
・ブロッサム グレイトシェイプ改めいろいろ
・オガサカ ユニティ
・ヘッド スーパーシェイプマグナム
・ブルーモリス 八甲田

ここを基準に試乗モデルを広げていくと、
・アトミック レッドスターXシリーズ
・ヴェクターグライド マキシーGT
・K2 ディスラプションシリーズ
・サロモン S/マックスシリーズ
・エラン アンフィビオシリーズ


初めからシルバーや2級の種目が視野に入っているならば60mm台のロングセラーモデル。
・ヘッド i.SLR or i.GSR
・オガサカ AZシリーズ
・フィッシャー RC4 W.C. SC
・クナイスル レッドスターSC
・ストックリ レーザーCX


楽を優先するなら80mm台で軽快な操作性を持っているモデル。
今時の標準的なモデル。具体的なモデルを列挙してみると、なるほど納得感がある。
・ブラストラック エリキサー
・ヴェクターグライド オムニー
・石井MOCU2 ダブルフェイス
・ブルーモリス ジャジーブルーノート
・K2 マインドベンダー85
楽を減らしてターンを充実させる80mm台モデル。
・ヴェクターグライド コルドヴァ
・ブロッサム クロスウィンド
・クナイスル ライドスター
・ヘッド コア87
・ストックリ レーザーAR


整地用を持っていて、二台目ならば90mm以上ですね。
競技カテゴリ内でGS・SL・コブと複数所有しているスキーヤーは多いですが…。
オールマウンテンな非圧雪対応を強めるけど、圧雪コースも滑るのでキレも感じたい。
あと、日本だとコース内の林・ツリーランも視野に入るので、90mmでも浮力と振り回しやすさを備えていると魅力的。
海外ブランドの90mm台は重厚で速度域が高くて安定感優先が多い。シチュエーションが違うし、スキーヤーの体格も違う。
日本で使える軽快系モデル
・ライン ブレイド
・エラン リップスティック96
・フィッシャー レンジャー94FR
・ヘッド コア93
・オガサカ Eターン9.8
・K2 マインドベンダー メタル無し
・サロモン QST92
・ブラストラック ファーザーorブレイザー
・ケイスキー エゾ90
・アトミック バンテージシリーズ
・ライオットスキー インセプションorリバース
試乗候補モデルも多くて面白味の多いサイズ。


100mm台、整地でのターンはあまり期待できなくなり、浮力の優先度が増す。
浮力優先なら110以上の方が物理的に優位で、比較対象がもっと太い方へ広がる。
・ライン サカナ
・ブルーモリスBLP リプリム
・ブラストラック ヴァーサントorマッシヴ
・ヴェクターグライド アヴェントゥーラ


110mm台、ここまで太くするなら、120以上でいいんじゃないかの葛藤が付きまとう
・ブルーモリスBLP 阿吽
・フィールドアース V7


120mm台、パウダー専用機で、シーズンの使用回数は少ない。
でも、それぞれ特徴が際立っていて魅力的、全て欲しい。
・ブルーモリスBLP ラプターorオメガ
・フィールドアース T9
・ライン ペスカド
・ブリザード シュプール
・アルマダ マジックJ
・アトミック ベンチェトラー120


130mm台、人のイメージはどこまで広がるのか、全て並べて眺めていたい
やっちゃった感、振り切った感のあるモデルに憧れる。
・K2 ポントゥーン
・ヴェクターグライド バターナイフ
・ブラストラック シルヴァ


skier 2021 GEAR CHOICE「2020/21ブランド別ギア最新トピックス」 (別冊山と溪谷) - 山と溪谷社
skier 2021 GEAR CHOICE「2020/21ブランド別ギア最新トピックス」 (別冊山と溪谷) - 山と溪谷社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

くろいぬ
2020年09月23日 17:14
どうもはじめまして。
毎年、試乗板レポートを楽しみにしている者です。
継続的かつ幅広いモデルを乗られていらっしゃるので、試乗の際にとても参考になります。

先々シーズン、センター100mmオーバーの整地も楽しい板を探しており、このブログでブラストラック「ヴァーサント」を知り、試乗して購入しました。
私の要求にドンピシャで、非常に満足しています。
このブログがつないでくれた縁に感謝です。ありがとうございます。

今シーズンは、更に太い板を、と物欲が(笑)。
太いけど滑りもイケる(古いですがノルディカ「パトロン」のような)板が候補で、何度か記事に出ているブルーモリス「阿吽」辺りを試乗できればと思っています。
対抗馬は、私の周りで評判が良いフォルクル「REVOLT 121」です。

今年も試乗会が開催されると良いのですが。今から心配しております。
コロナでどんなシーズンになるか分かりませんが、ブログ楽しみにしております。
skibum
2020年09月23日 19:50
くろいぬさん、こんにちは。
試乗モデルの選定に、お役に立ててうれしいです。

リヴォルト、試乗できていません…。
試乗していないモデルの予想に使うシェイプデータは、センター幅の次にサイドカーブです。
177cmサイズで17.4mですね。
 ・アトミックのベンチェトラー120:176cm・R18m
 ・ブルーモリスBLPのラプター:171cm・R18.6m
あたりがシェイプ的な対抗馬になると思います。
センター幅が120mm以上あるのに、圧雪コースでターンが出来る感じですね。
芯材の重厚/軽快、ウェット/ドライなどの感触、深雪での振り回しやすさ、対応速度域は試乗してみないと感じられませんからね。