ブラストラック シルヴァ

試乗サイズ181cm、センター幅132mm、R25.4m。 最太な来季ニューモデル。 太いけど、メタル挿入なしで、軽やかなモイストな乗り味でした。 左右は決まっている。 左右で舟形で、見るからにパウダーの抵抗を受け流しそうなシェイプ。 ブランドラインナップとして、オガサカE-Turnとの差別化も兼ねて、存在意義…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック マッシヴ106

試乗サイズ178cm、センター幅106mm、R20.5m。 ブラストラックのラインナップで一番太くて柔らかいマッシヴ(センター116mm)の細い版。 ドライな乗り味のヴァーサント(センター103mm)より3mm太い。 太さより異なるのは乗り味で、しっとりモイスト。 太いマッシヴよりも細いマッシヴはフレックスがしっかり速度…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック ブレイザー

試乗サイズ176cm、センター幅97mm、R16.5m。 しっとりモイストな乗り味。 リニューアル復活シェイプは、サイドカーブが小さくなり整地でのターン性能が向上していた。 良くワックスが染み込みそうなブラックソール。 上級者以上が対象だが、圧雪から非圧雪までどこでもイケる。 試乗コンディションが硬くて良く…
コメント:0

続きを読むread more

ブラストラック エリキサー

試乗サイズ161cm、センター幅80.5mm、R14.6m。 ドライ寄りの軽快なモイストな乗り味。 カラカラしていなくて、雪面の感触がよく感じられる。 真面目なソール。 いろんなスキーヤーを受け入れるには、いいと思う。 レンタル卒業の一台目、初中級からいい感触が味わえる受け入れる裾野の広いモデル。 しかし…
コメント:0

続きを読むread more

オガサカ・ブラストラック試乗会 @ タングラムスキーサーカス

朝から雪が降っていました。 前日の雨が固まって、うっすら新雪。 すぐに下地のガリガリで、パウダーではないコンディションでの試乗。 スノーボーダーが物凄く多く試乗会に参加していました。 スキーヤーはそこそこでした。 オガサカの新モデル、ブラストラックの新モデル。 あまり適したコンディションではありませんでしたが…
コメント:0

続きを読むread more

赤倉観光リゾートスキー場 広瀬香美さん「弾き語りコンサート」 2020.2.22

赤倉温泉の端っこにある第三駐車場から、反対側の端っこにある赤倉観光ホテルまで、二つのスキー場を滑るゲレンデツアーの企画。 いつもはアクアグリルダイニングでランチBコースを頂いて、折り返して戻るのですが、今回は豪華コンサートも一緒に愉しむ♪ 朝一番は、とってもいい天気♪ 雨の予報が出ていたけど、午後まで持つかもしれないと…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S9 FIS

試乗サイズ165cm、センター幅不明、R12.5m。 競技系パワーウッドコアなんですが、重厚なウェットまで行かないモイストな乗り味。 Xシリーズのパワーウッドコアの方がウェットな乗り味に感じました。 凝ってて派手なソール。 FISって付いているけど、競技モデルとしては、かなり扱いやすい部類だと思います。 あ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S9i PRO

試乗サイズ165cm、センター幅65.8mm、R12.5m。 軽量なカルバウッドコアでドライ系の乗り味。 改良ポイントのトップシート・サイドウォール・ダブルボンディングによるしなやかさを一番感じた。 サーボテック搭載モデルは、たわみを促進するけど、返りをあんまり感じなくて…。 PROはトップの捉えも早くて、タワミからの返…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9s

試乗サイズ175cm、センター幅65.5mm、R15.4m。 競技系しっかり芯材のパワーウッドコア。 ウェットな乗り味。 グリーンなレッドスター。 真面目なブラックソール。ストラクチャーが凝っていた。 安定感や速度域は、S9iよりも上に感じた。 小回りシェイプのリズムのせわしなさを感じない、中回りシェイプ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9 WB

試乗サイズ168cm、センター幅75mm、R13.5m。 競技系しっかり芯材のパワーウッドコア。 ウェットな乗り味。 真面目なブラックソール。ストラクチャーが凝っていた。 ちょいと太いことで、試乗当日のザラメ悪雪にマッチしていた。 安定感や速度域は、S9iよりも上に感じた。 モデル名がとっても似ている…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S9i

試乗サイズ165cm、センター幅68mm、R12.7m。 iシリーズの特徴である軽量カルバウッドコアで、ドライ寄りな乗り味。 雪面に置いてあるだけで、ソールが雪面に反射する派手な演出。 S8iよりも速度域は上で熟練者向きだが、1級・2級の上級者も扱える操作性。 セミナーで説明された「ワンランク上のスキーヤー…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER S8i

試乗サイズ165cm、センター幅68mm、R12.7m。 iシリーズの特徴である軽量カルバウッドコアで、ドライ寄りな乗り味。 ソールが雪面に反射する派手な演出。 X9iや TRは中回りシェイプで、S8iは小回りシェイプ。 どちらも同じ1級・2級の上級者向け速度域と、適用コンディションと感じた。 ATO…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9i

試乗サイズ174cm、センター幅65.5mm、R15.4m。 iシリーズの特徴である軽量カルバウッドコアで、ドライ寄りな乗り味。 TRと同じ1級・2級の上級者向け速度域と、適用コンディションと感じた。 芯材の違いによる乗り味は異なる。 サーボテックの引っ張りによるトップロッカーの操作感も異なる。 好みで選べ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER TR

試乗サイズ175cm、センター幅70mm、R16.2m。 競技系しっかり芯材のパワーウッドコア。 競技系と言っても、ウェットまで重厚にならず、モイストな乗り味で扱いやすい。 ”FIS”、”i”、”X”が付かない素のREDSTER。 チームレースの略TR。 クセがなくてとっても素直。 X9iと同じ1級・2級…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X9i WB

試乗サイズ168cm、センター幅75mm、R13.5m。 iシリーズはカルバウッドコアで軽量・軽快なドライな乗り味。 75mm前後のワイドボディWBのモデルが増えてきていますね。 アトミックのラインナップには「9」が付くモデルが多くある。 競技ラインでも、基礎ラインでも、トップモデルの意味として受け取っている…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック REDSTER X7 WB

試乗サイズ168cm、センター幅75mm、R13.5m。 しっかり芯材のパワーウッドコアですが、メタルが少ないのでしょう、iシリーズの軽量芯材と同じような乗り味でした。 黒くまじめなソールにツリー型の凝ったストラクチャーが入っています。 レンタル卒業から初めて所有する初中級者にマッチしている感触でした。 ちょ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック ヴァンテージ 97 TI

試乗サイズ172cm、センター幅97mm、R18.0m。 ドライ系のパリパリとした乗り味。 軽量・軽快を見た目でも特徴づける透け感。 太さの割りに整地が得意だと思います。 浮力もソコソコで、振り回しやすい。 軽量さとのトレードオフで、トラックが入ったギタギタパウダーは凹凸を全て拾ってしまう。 ATOM…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック ヴァンテージ 90 TI

試乗サイズ176cm、センター幅90mm、R18.4m。 パリパリドライな乗り味。 その分、ものすごく軽量・軽快。ツアーモデル並みに軽量なオールマウンテンモデル。 軽さは、技術力がある証だと思います。 ソールのピンク色が、トップシート側から透けて見えます。 対象スキーヤーのすそ野を広げる方向にも軽量が効いて…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック ベン・チェトラー120

試乗サイズ184cm、センター幅120mm、R19.0m。 モイスト系の乗り味。 芯材の乗り味はカタログやメーカー説明から分かりません。 シェイプスペック以外にフレックスやトーションよりも、この乗り味が好みにマッチするかが大きな要素です。 ドライ/モイスト/ウェットの大雑把な3分類で、skibumの好みはモイスト/ウェッ…
コメント:0

続きを読むread more

アトミック ベン・チェトラー100

ロングセラーモデルなんですが、今まで試したことがなかった…。 試乗サイズ180cm、センター幅100mm、R19.5m。 シグネチャーモデルですが、尖がったクセはなく、とてもバランスがいい。 軽量芯材が詰まった感じで乗り味はモイスト系の印象。 上級者以上が対象で、速度域も高い。 太さ100mmなのに整地が得…
コメント:0

続きを読むread more

ATOMIC TEST DRIVE 2020 @ 菅平高原

「アトミック テストドライブ2020」試乗会。 有料で、事前予約が必要で、商品説明のセミナーも行われるということで、申込んで初参加。 現地で受付を行うと、 記念品のオリジナルチロルチョコと、ドリンク券を頂きました。 ご馳走様です。 開会式があり、参加者は80名ほどとのこと。 そして、来季モデルの特徴や変更…
コメント:0

続きを読むread more

ロシニョール Super VIRAGE VARSATILE

試乗サイズ167cm、センター幅77mmのちょい太モデル。 「VERSATILEヴァーサタル」のモデル名通り、多用途な設計なんだと思います。 整地と悪雪にはいいですね。 パウダーは、くるぶしくらいまでで一般的な整地板と同じくらいだと思います。 往年の「スーパーヴィラージュ」を知っている世代です。 ”なぜ今?”と…
コメント:0

続きを読むread more

ロシニョール Super VIRAGE Ⅳ

試乗サイズ159cm、センター幅74mm。 非常に軽量・軽快で振り回しやすいモデルでした。 その分、エッジグリップは甘めに設計されていると思います。 体格の小さな中級者以下に適している印象でした。 対抗馬モデルは、オガサカのユニティ3辺りですね。 ロシニョール トラベルバッグ TACTIC CA…
コメント:0

続きを読むread more

SIAデモンストレーターキャンプ @ 木島平 2020.2.8,9

SIAデモンストレーターキャンプに参加してきました。 小上デモからショートターン、湯下デモからロングターンのレッスンを受けました。 参加者は二班に分かれて、土日でデモが入れ替わり、両方の種目をみっちりと練習をしました。 基本の基本をじっくりと繰り返しトレーニングしました。 出来ていないことを実感させられます。 SAJと…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーモリスBLP オメガ

画像の試乗したオメガは、今季二代目モデルです。 来季三代目は色合いが変わり、シンタードソールになるとのこと。 初代モデルを所有しています。 スピードを出さずにパウダーを滑走できるとってもスゴイやつ。 ホントに止まりそうな歩くより遅いスピードでも、メタボスキーヤーを浮かせます、沈みません。 浮力が凄いです。みんな…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーモリスBLP リプリム

来季コスメが変わって、シンタードソールになるとのこと。 ニューノーマルから考えるとロングセラーモデルになるリプリム。 BLPラインナップの中では、相対的に一番大人しい優等生的なモデル。 センター幅108㎜のファットスキーとは思えない素直な整地でのターン性能。 パウダーの浮力はメタボスキーヤーでも十分。 短いサイズも…
コメント:0

続きを読むread more

大人のシュプール撮影会 @ サンメドウズ清里 2020.2.6

定員に達する大盛況なイベント「大人のシュプール撮影会」 朝一の集合で、名前とウェアを一致させる撮影。 途中でウェアを着替えるなら申請が必要です。 履歴を確認してみたら、12回目の参加でした。 ウェア・ヘルメット・ゴーグル・グローブ・フェイスマスクのアイテム類を展示会はもちろん、ショップにネットと、旧モデルまで視野に入れて総動…
コメント:2

続きを読むread more

ブルーモリスBLP ラプター

今季から継続モデル。 センター幅125mmと、パウダー専用な太さなんですが、ゲレンデコースが嫌にならない操作性。 パウダー滑走がラクで、疲れにくいです。 パウダーでの板の振り回しやすさは、今まで試乗したファットスキーでトップです。 なので、ツリーランが愉しくなります。 インバウンドなゴツイスキーヤーが、海外ブランドの氷…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーモリスBLP オメガアンチェイン

サイズ130cm、センター幅130mmの可愛らしいルックスだが、硬派なモデルでした。 ゼロキャンバーでピボット的にクリクリ振り回せるが、スキーボードと同じようにがっつり前傾・前圧に働きかけると、キレる。 低速域は暴れてじゃじゃ馬だが、飛ばしてみると安定する。 ストック無しのスタイルで、上体を思いっきり振り回すと愉しい。 …
コメント:0

続きを読むread more

ブルーモリスBLP スパイス

スキーボードです。全長100cmありません。 表面素材がフニフニとしていて、面白いです。 短くて意味なく足をブラブラさせてしまいます。 がっつり前傾、前荷重させるとカービングも出来ました、切れる。 カカト側に荷重すると、キョロキョロと落ち着きません。 ポジショニングはシビアなので、確認用途がありかと思います。 …
コメント:0

続きを読むread more

ブルーモリスBLP 阿吽

2020-21来季ニューモデルの阿吽(あうん)。 いきなり購入筆頭候補と巡り会えた。 万物の初めと終わり、宇宙全体とも言える。 壮大なモデル名だけど、漢字の表現が八甲田のブルモリっぽい。 特徴的なテール形状。 ターンの抜けが良く、スプレーが綺麗に舞う形状とのこと。 さらにツインチップとまではいかないけれど、反り上…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーモリスBLP試乗会 @ 八方尾根 & 白馬コルチナ

白馬コルチナにて開催予定だったが、雪不足で急遽開催場所が変更。 その八方尾根もボトムエリアは滑走不可…、驚くほどの小雪シーズン。 でも、外国人は来るんですね、白馬に。 アルペンクワッドの運行開始前の列。 皆さん、前のめりな感じがいいです。 BLPは、基本パウダーモデルばかりなので、この時期に試乗できるのは貴重。…
コメント:0

続きを読むread more