SALOMONサロモン QST 92

画像
試乗サイズ177cm、センター幅92mm、R17m。
ブルガリア製と書いてある。

XDRと比べると、軽くて穏やかなQST。
整地がイケる。

整地が得意なブラストラックのファーザーとシェイプが激似。
当然芯材の感触は異なるけど、仕掛けて帰ってくる反応が似ている。
これぐらいの太さのトップロッカーであれば、メタボオヤジでも十分に浮力を感じさせてくれる。
使い勝手のいいサイズ。

画像
トップのソールの演出がサロモンっぽい。
軽量化を図っていますっ!! それもカッコ良くしておきましたっ!!と聞こえてくる。
クセもないし、優等生的な乗り味。
気に入りました♪






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オフピステモデル

    Excerpt: 非圧雪オフピステモデルで、試乗できた28モデル中、シェイプデータがわかる25モデルのセンター幅とサイドカーブをプロットした。 傾向などの読み取りについては、スキーグラフィック7月号の100ページを参.. Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-06-11 07:29
  • SALMONサロモン QST92

    Excerpt: センター幅92mm、試乗サイズ177cm、R=18.0m。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2019-02-25 21:43