elanエラン AMPHIBIO 14 Ti

画像
センター幅73mm。
オールラウンドカテゴリのモデル。

板の左右が決まっていて、アウトエッジ側はトップロッカー、インエッジ側はキャンバー。
両性具有の意味であるアンフィビオのシリーズ名。
設計意図が非常に感じられる乗り味で、ターン始動時の内足のスムースな入りは久しぶりの試乗でもやっぱり感じる。
「おぉ、効いている」
こんなに違うんだぁ…と、アンフィビオ形状を再認識。

飛ばしても安定しているし、扱いやすいし、特徴はあるけどクセはない。
試乗インプレッションが少ないことが要因かな。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オンピステモデル

    Excerpt: チャートの解説は、スキーグラフィック6月号 100ページのコラムを参照下さい。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-05-09 21:56