SALOMONサロモン XDR 88 TI

画像
今季からの継続モデル。
センター幅88mmで、メタルが入っている。
かなり整地向きな性格。

去年、今季の84mmに試乗した。
XDRシリーズ、トップがロッカーなんだけど、整地でトップからターンに入れる。
ロッカースキーだとトップのエッジ捉えが甘くなるのが普通なんだけど、工夫がありますね。
84mmも、88mmも、同じ反応を感じました。

非圧雪は、太さなりの浮力があると思います。

オールラウンドには、スキーヤーの間口の広い優しい性格と、
ゲレンデコンディションの間口が広い強い性格があると思います。
優しい方ではありませんが、気難しくはありません。
メタルも入っていて、強い方です。
その分、登らなきゃ、どこでも楽しめますね。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オフピステモデル

    Excerpt: 非圧雪オフピステモデルで、試乗できた28モデル中、シェイプデータがわかる25モデルのセンター幅とサイドカーブをプロットした。 傾向などの読み取りについては、スキーグラフィック7月号の100ページを参.. Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-06-10 20:50