FISCHERフィッシャー RC4 THE CURV DTX

画像
軽量なんだけど、軽快ではない独特な乗り味。
足場感は大抵「面」で感じられるんだけど、DTXは「線」。
あんまりタワミを感じられず、かっちりエッジグリップでカービング。

見た目サイドウォールがあって、サンドイッチ構造なんだけど、
エッジの感触はキャップ構造に似た印象。
小回りよりも大回り向きな性格に感じた。

速度域は、1級レベルは余裕で対応するけど、
たわみでターンサイズをコントロールする自在性はあんまりない。
“線”に乗って、カキーンっと切っていく感触。
「カーヴ」のモデル名やメーカー意図は存分に感じられる。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オンピステモデル

    Excerpt: チャートの解説は、スキーグラフィック6月号 100ページのコラムを参照してください。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-05-10 06:32