SALOMONサロモン S/RACE RUSH SL

画像
レースのモデル名通り、重厚・濃厚な乗り味です。
軽量、軽快とは異なります。軽くないのが、いいです。

試乗コンディションのザラメ悪雪の重い雪質でも、突破します。
速度にも強いです。

ウェットな乗り味のエキスパート向けモデル。ただ、少し鈍重にも感じました。
反応・レスポンスと芯材の質量感とのバランスから、もう少し板が走ってもいいような気がするのですが…。
前モデルのX-RACE SWと質量感は同程度に感じましたが、リズムが若干だけまったりしている印象です。
比較した訳ではないので、勝手な思い込みの気のせいかもしれません。
まぁ、扱いやすさにつながっているとも言えます。

カラカラドライなキャップの手軽さから、
レジャースキーヤー向けの勝手なイメージでしたが、
ブランドイメージを刷新する必要を感じました。

XDR、S/MAX、S/RACE、どれも好みで、気になるブランドになりました。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オンピステモデル

    Excerpt: チャートの解説は、スキーグラフィック6月号 100ページのコラムを参照してください。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-05-11 05:42