K2 SuperChargerスーパーチャージャー

画像
センター幅76mm。
K2ラインナップでは、整地でカービング向けのモデル。
ゲレンデを飛ばして楽しむのにいい。

でも、海外に基礎カテゴリは無いので、検定種目とのマッチングはイマヒトツかな。
ちょっと太めなので小回りのリズムメイクが苦手のスキーヤーは避けた方がいい。

逆に楽しみ優先にはマッチしている。基礎臭がしない整地モデルという位置づけが魅力。
オールラウンドカテゴリとしては、しっかりめのフレックスで速度に強い。
軽量・軽快な操作感で、カラカラなドライ寄りだけど、モイスト系の乗り味。
たわみも良く感じられて、気持ちいい。

コスメがシックな色合いになった。
さらっと主張せずに乗るスタイルなのかな。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2019モデル試乗 オンピステモデル

    Excerpt: チャートの解説は、スキーグラフィック6月号 100ページのコラムを参照してください。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2018-05-11 05:40