FISCHERフィッシャー RANGERレンジャー 108TI

画像
センター幅108mm。
90mmモデルの試乗”では凡庸な印象だったが、108㎜では好印象。
メーカースタッフに確認したら、メタル挿入など芯材の構造は同じとのこと。
スカスカ感は感じず、軽さのメリットだけを受けた印象。
競技モデルをリリースしているブランドのフリーライドモデルだと思う。ターンの質が高くマジメな印象。

フリーライドモデルの大雑把な印象。
アトミック、サロモンは、重厚。
ヘッド、ロシニョールは、しっかり。
エラン、フィッシャーは、マジメ。
フォルクル、ノルディカ、ブリザード、オガサカは、軽快感が出てくる。
フリーライドブランドのモデルと、どうしても比較してしまうので、基準にバイアスが掛かる。

軽量だけど突破力のあるフレックス。
浮力とエッジグリップが両立された絶妙なトップのロッカー度合。
きちんと説明できるマジメな理詰めモデル。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック