LINEライン Sir Francis Baconサーフランシスベーコン

画像
センター幅104mm。
人気があると聴いていたモデルの初試乗。
人気のシェイプに加えて、来季は芯材がオーパスと同じ軽量バルサに変更されたと説明を受けた。

バツグン♪ 愉しい…。

圧雪も非圧雪もいい。
キレもズラシもいい。
軽いけど腰砕け感がなく飛ばせるしっかり感。
ウェット悪雪のぼさぼさも突破力がある。
軽量化でさらに人気に拍車が掛かると思う。

対抗馬は、
・ヴェクターグライド アベンチューラグラス
・ブラストラック ヴァーサント
・オガサカ Eターン10.8
辺りと、軽快な操作感とエッジの切れ、ガチンコ勝負の乗り味。





この記事へのコメント

LINEのBacon(カラスの絵)を買っちまった
2018年02月03日 23:40
地元の店においてあったのを「かっちょえーな」と思ったのですが、なかなか「良い」という意見が少なく、その中で貴殿のレポートは「推し」のほうに働きました。結局他にいいなと思っていた候補は実物に触る機会が無いまま品切れになり、触って硬さにナットクしたのは実質Baconしかありませんでした。

 試乗用の留め具をつけたのですが、それが吉と出ました。もしソールセンターを正規の位置にしていたら、とても乗りづらい板だと思います。目いっぱい下げ気味(約50ミリ)で、万能に使えます。

「パウダー重視」だけの板だと直進突破力があっても曲りづらいものがありますが、このBaconは整地でもカービングがラクにできるし、一方ツリーランでは軽いし小回りも利くのでとてもラクに滑れます。
2018年02月05日 12:30
コメントをありがとうございます。
フリーライドモデルの試乗レポートで参考になる情報が実に少ないことが、このブログをはじめたキッカケです。
このカラスの後のサメ柄でまた芯材が変更されて、整地と速度に強くなりました。
在庫品がお得でも知らないと入手できませんので、試乗がお勧めです。
今回はたまたま好みや感覚が近かったようで、お得度が増す結果になって良かったです♪

この記事へのトラックバック

  • LINEライン SIR FRANCIS BACONサーフランシスベーコン

    Excerpt: センター幅104mmなのに、184cmと長めなサイズなのに、とにかく調子がいい。 今季モデルの試乗した印象よりもさらに印象がいい。 継続モデルでコスメだけの変更だと思うが、なんだかハマった。 Weblog: skibum fancy スキーバムファンシー racked: 2016-04-26 06:33