VOLKLフォルクル Platinum SW

画像
中級者がスキーを愉しめるモデルSW。整地のアルマダJJ。
シーズン滑走日数5~10日ほどで、技術向上よりも快楽優先目的でこれほど適したモデルはない。

シーズンの滑走日数が10日辺りを超えて、腕試し(脚試し)をしたくなった時に物足りなくなると思うけど、上達の証と思ってその時にマッチしたモデルにすればいいわけで…。
まずはスキーを、ゲレンデを、今を、愉しむには最高♪ 中級モデルとしては高価だけど今使える道具。
対抗馬は、オガサカUNITY AS-3

サイドウォールがあって見た目はサンドイッチ構造に見えるが、乗り味はたわみのないキャップ構造。エッジグリップもキャップの唐突感を感じる。
上下動が少なく固まったシルエットになりがち、たわみと返りのリズムを感じたくなったらヘッドのスーパーシェイプマグナムへ移行するのが順当だが、最近は対抗モデルが目尻押し。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2016モデル試乗記事アクセスランキング

    Excerpt: 試乗できた67モデルの試乗記事へのアクセス数を確認してみた。 巷の注目度が浮き彫りになる。 Weblog: skibum fancy racked: 2015-08-15 00:11
  • 2016モデル スキー試乗総括 オールラウンドカテゴリ

    Excerpt: センター幅73~89mm。 カテゴリ定義のセンター幅は悩む。70mm以上は全てオールラウンドの定義でいいかもしれない。 ブランド毎に定義が異なっていたり、レディス専用モデルで定義が異なっていたり、.. Weblog: skibum fancy racked: 2015-08-30 23:31