SALOMONサロモン X-Drive 8.0

画像
来季新規投入モデル。センター幅80㎜。
スキー雑誌に広告やモニター告知があったりと、フィーチャーされていたので気になっていた。
シェイプ的にはエンデューロの後継っぽい。

他ブランドの対抗モデルってなんだろう?ジャーナルのイッキ乗りでベストに選ばれたK2アンプリクター辺りかな。
海外だと、ヘッド・タイタン、フィッシャー・モーティブ、フォルクル・RTM、アトミック・ノマド。
国内では、オガサカ・ET8.0、ケイスキー・エゾ83、ブラストラック・エリキサー、ヴェクター・オムニ/コルドバ
ゲレンデメインで、コース脇の非圧雪や悪雪・パウダーの適用幅を広げたシェイプ。

持ち上げてみると意外としっかり重量感があって飛ばせそうな感じ。サンドイッチ構造。

なるほど、足元しっかり足場感と、トップのロッカーは飛ばしてもパタつくことがない。
浮力はあまり感じなかった。圧雪寄りの乗り味。

【↑↑】パラレル操作ができるスキーヤー向けの印象。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SALOMONサロモン X-Drive 8.3

    Excerpt: 来季新シリーズのX-Drive、“8.0”と“8.3”で乗り味が結構違った。太さ違いのシリーズの乗り味はだいたい同じものなんだけど、X-Driveは違った。8.8も試乗してみたくなった。 圧雪と非圧.. Weblog: skibum fancy racked: 2014-03-30 22:17
  • 2015モデル スキー試乗総括 オールラウンドカテゴリ

    Excerpt: センター幅~89㎜のモデル。 初心者用・コンフォート・オールシチュエーション・パーク・エキスパートなど、様々な要素が入り込むカテゴリ。 ブランド毎に表現もバラつき、定義も曖昧だが、滑る雪面はゲレン.. Weblog: skibum fancy racked: 2014-05-15 12:16
  • スキージャーナル11月号

    Excerpt: 充実の記事と付録で買いの一冊。月刊誌だけどムック本や季刊誌のようにこの号だけ購入してもスキーの今が分かる。 毎年シーズン直前のこの号は突出している。 ・SAJ教程の改訂記事 ・ショートターンの技.. Weblog: skibum fancy racked: 2014-10-13 11:35