RMUロッキーマウンテンアンダーグラウンド The Professorプロフェッサー

画像
新興メーカーなのにいろいろと賞をもらっていて、気になっていたRMUを初試乗。

トップと足元は結構張りが強め、テールが柔らかい。このアンバランスさがRMUの特徴ですね。
軽快な芯材だけど、トップの張りで悪雪突破力も併せ持っている。柔らかテールの抜けで操作性がいい。
なるほど、親しみやすい。



センター120mmとしては、ゲレンデ適用性も高い。
低速も高速も、縦目に切ってもズラして細かめリズムも適用幅が広い。
ありそうでなかったフレックス。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2014モデル スキー試乗インデックス

    Excerpt: ページ上部「2014板試乗」タブにて一覧表示はされるけど使い勝手が悪い。 参照の使い勝手を良くするためのインデックス。 センター幅の順に並べてみた。 Weblog: skibum fancy racked: 2013-05-16 23:21
  • 2014モデル スキー試乗総括 バックカントリー板 ~140mm

    Excerpt: オーバー120㎜をパウダー専用という認識は、すでに先入観・固定観念になってしまったと思わされたモデルの数々。パウダー特化の称号はオーバー130㎜に移行しているようです、最近は。 Weblog: skibum fancy racked: 2013-05-17 00:44
  • 2015モデル スキー試乗総括 パウダーカテゴリ

    Excerpt: センター120㎜オーバーモデル。 心残りは、緑色のK2シュレデター136が乗れなかったこと。ぜんぜん返ってこなかった。テールが異様に柔らかく前後フレックスが極端に違う乗り味を試してみたかった。 Weblog: skibum fancy racked: 2014-05-17 16:33