KEI-SKIケイスキー EZO100 エゾ100

画像
芯材が透けて見えるコスメ、いい感じです。
来季追加モデル、ケイスキー最太となるEZO100。サイコの狩太93mmよりも太い。ファットスキー、フリーライドカテゴリでは、100mm前後が標準となっているご時世。ちょっと前は勇気が必要だった100mmセンター幅。

画像
別の試乗会ではプロトっぽいものも。

以前にKEI-SKIを2台所有していたこともあり、好みの立ち位置からの偏見的意見ですが…。
ねっとりとした乗り味のKEI-SKI、やぼったい、はっきりしない、特徴がないと言ったレビューを見掛けるが、振動吸収機能を搭載した他メーカーよりも、元々そんな機能がいらない性能の方が真っ当だと考えているスキーヤー。


気に入っている乗り味で、二つの試乗会で乗らせてもらった。
ケイスキーの乗り味は、サンドイッチ構造スキーメーカーで一番ウェットなしっとり感。板全体・芯材で振動吸収でまったり気持ちいい。
滑走速度は遅いけど、ザブザブ凹凸の悪雪でのまったり感が感じられる映像になってる。いつも感じていた感触が映像でも捉えられて満足♪

ブロッサムやKEI-SKIと言った手作りの板は本当に感触がいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2014モデル スキー試乗インデックス

    Excerpt: ページ上部「2014板試乗」タブにて一覧表示はされるけど使い勝手が悪い。 参照の使い勝手を良くするためのインデックス。 センター幅の順に並べてみた。 Weblog: skibum fancy racked: 2013-05-16 21:10
  • 2014モデル スキー試乗総括 バックカントリー板 ~140mm

    Excerpt: オーバー120㎜をパウダー専用という認識は、すでに先入観・固定観念になってしまったと思わされたモデルの数々。パウダー特化の称号はオーバー130㎜に移行しているようです、最近は。 Weblog: skibum fancy racked: 2013-05-17 00:44