ARMADAアルマダ BUBBA

画像

センター幅132㎜。
来季新登場のARG後継モデル。

JJを太くしたシェイプでサイドカーブがある。
ARGは逆サイドカーブ。
極太スキーヒストリー」でARGの流れで表現したけど、源流はJJかも。

TST、JJと一貫したアルマダの乗り味。
オーバー130㎜なのに誰でも扱える。

悪雪ではJJの方が楽しかったが、パウダーではゆっくり浮きそうな感じ。
JJと同じ試乗ゲレンデで速度が上がらなかった。
ノーズのフレックスと広い面積で悪雪の抵抗を受ける、
サイドカーブはあるが、角付けして抵抗を減らしてもそんなにキレるわけでもなく、ターンじゃなくて横滑り。
初心者からでも扱えて、日本のゲレンデでは使いやすそうな印象。

試乗サイズ178cmと短かったが、188cmならもう少しタテに滑れるような気がする。
で、気づいた。
試乗したTST、JJ、BUBBAの3モデルに共通する乗り味は、
スノーボードでいう“木の葉落とし”が物凄くやりやすい性格なんだと。
木の葉落としとは、初心ボーダーがリフトに乗れたら最初に行うゲレンデの降り方。
滑り方じゃなくて降り方に適した板、ヨコを向きたがるバターナイフシェイプ。
それをセンター130で実現しているんだからやっぱり凄い。

ターンは板のトップから入る固定観念に凝り固まっていた…。
フリーライドなんだから、どうでもいいじゃんね。
そんな滑り方をしようとしているから、微妙に???が浮かぶ試乗となってしまった。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ARMADAアルマダ Magic Jマジックジェイ

    Excerpt: 去年の試乗会で今季モデルの“BUBBA”“JJ”“TST”に乗らせてもらって、今回は未経験のマジックジェイ。なんだかより軽くなっている!? 芯材やエッジが改良されているとのこと、アルマダ好みをより強化.. Weblog: skibum fancy racked: 2013-04-14 20:11
  • 2014モデル スキー試乗総括 バックカントリー板 ~140mm

    Excerpt: オーバー120㎜をパウダー専用という認識は、すでに先入観・固定観念になってしまったと思わされたモデルの数々。パウダー特化の称号はオーバー130㎜に移行しているようです、最近は。 Weblog: skibum fancy racked: 2013-05-17 20:57